代表理事 大溝 貫之

第11回 全国高校生地方鉄道交流会《南海多奈川線》

ご挨拶

 全国高校生地方鉄道交流会は、中学・高校生たちが、鉄道を切り口に、地域の発展に自分たちがどのように関われるのか、将来、担っていく役割をどのようなものにすれば、もっと良くなるのかを、仲間と協力し調べ、考え、まとめた企画案をプレゼンテーションする機会と、それを公正に評価する場を提供することを目的に2012年に設立されました。

 第1回 秋田内陸縦貫鉄道、第2回 いすみ鉄道、第3回 一畑電車、第4回 三陸鉄道、第5回 のと鉄道、第6回 鹿島臨海鉄道、第7回 東京モノレール、第8回 JR北海道 花咲線と毎年8月に開催して参りました。そして一昨年の第9回は感染症拡大に伴い、初めての試みとして、リモートでの開催となり、昨年は、第10回 富士急行鉄道で開催いたしました。


 これまで、高校生が発表した企画案が実現の運びとなりましたものに、「婚活列車」「軽トラ+列車の軽貨物輸送」「伊勢海老列車」「三陸鉄道夜行列車運行」「撮り鉄用時刻表設置」「駅スタンプ帳発行」「片道定期券発行」「地元商店割引切符発行」などがあり、若人の発想が社会の活性化に寄与したことも数多くありました。


 第11回交流会も、状況を考慮し、地元を訪ね、地元の方々や高校生、鉄道事業者の方々と交流できるオフライン開催とZoom利用のオンラインリモート開催の2本立て開催といたします。

 全国的に多くの交通事業者は利用人数の減少で、経営が圧迫されています。企画案では、地球の資源を無駄なく賢く利用することを大切にしながら、利用者減少を逆にプラスに活かしたり、扱っている素材を生かす方面を大胆に変えたり、活用されてこなかった資源に新たな活路を見出すことで、地域を揺さぶる企画を期待しています。

 今回は、大阪府岬町の南海電鉄多奈川線を舞台にいつもの《地域創生と鉄道の役割》に加えて《関空利用者を多奈川線に誘客する方法》をテーマに、海、空、陸の美しい自然を保ち、もっともっと活かせるように、素晴らしい企画案を練り上げて、心に訴えるプレゼンを披露してください。期待しています。